5日目:熟成の旨み!柑橘系ぽん酢が香る「熟成平目のぽん酢寿司」

2012年1月16日 (月)

Dtl_head_5th


16a01「熟成 平目のぽん酢寿司」を食べました!
インターネット担当 礒部

今日は「がんばろう日本!東北駅弁特集」から 青森県の「熟成平目のぽん酢寿司」を選びました。

こちらの駅弁は黒い井桁型のプラスチックでできた容器を使用していて、高級感があります。


16a02どうやって開けたらよいのかちょっと迷いましたが、期待に胸を膨らませて、無事にふたを開けると、井桁型の容器の中身は八角形、その中にどど~んと平目が並んでいます。

さらにねぎが横一直線に並んでいて、ウニ、イクラが上下にちょこんと置かれていて、ガリと漬物がその横に。
盛り付けにも調製元の吉田屋さんのこだわりを感じます。

そして、ウニとイクラは、あくまでもこの駅弁にアクセントを付けるひきたて役で、主役が平目だというのがよくわかります。

私、個人的には、地域の特産品を前面にグイグイ押し出して勝負する一点突破型の駅弁の潔さ、大好きです。
こういう駅弁だと「平目を食べた」と強烈に旅の思い出に残るものですよね。
まさに駅弁の醍醐味です!!


16a03では、さっそく付属の特製ぽん酢をかけます。
すだちをふんだんに、さらに鰹や昆布エキスも入っているぽん酢、これが結構たっぷり入っているので、遠慮なくたっぷりかけてみました。
柑橘系のいいにおいが~~~。

いよいよ平目に挑みます。
さっぱりしんなり、刺身とは違った平目の熟成した旨みが広がります。
なるほど!青森県産の新鮮な平目を活〆にして酢につけて熟成させて、手間と時間をかけて、このお味を出しているんですね。


16a04また、お米の品種までは分かりませんが、ちょっと粒が長めのお米に、こちらにもぽん酢が効いていて、平目とも相性も抜群です。

途中ウニとイクラも楽しみながら、ぽん酢の良い香りに箸が進み、あっという間に完食しました。

昨年の震災というと福島、宮城、岩手と3県ばかりがクローズアップされていますが、吉田屋さんのある青森県八戸市も津波が押し寄せています。

吉田屋さんの会社も工場も無事だったそうですが、青森を代表して被災地の復興を願ってがんばって実演販売をしていただいておりますので、ぜひ応援してください。


さあ、まだまだ東北駅弁を食べますよ!お次はどれにしよう?



京王スタッフが毎日食べます!一日一弁対決

 
京王百貨店ホームページへ