駅弁大会への道'13

新しい駅弁をご提供する、初企画が実現。

2012年12月25日 (火)

Ekimen_staff2 催事担当・草野統括マネージャーと、催事売場・永井マネージャーには、メイン対決の「贅沢三昧 えび・かに対決」に引き続き、サブの「駅麺対決」についても語っていただきました。

Nagai_f01 催事売場・永井マネージャー
「今までやっていないもの」や「見たことのない新しいもの」を常に求めていらっ
しゃるお客様のご要望にお応えするために出てきたアイデアが「駅麺」でした。調製元さんには、これまで手がけてこなかった領域にチャレンジしていただけないかと協力を仰ぎ、腰を据えて開発に取り組んでいただいて実現した企画です。

Kusano_f01 催事担当・草野統括マネージャー
お声がけさせていただいた調製元さんは、これまでにも何度か出店されている常連さんばかり。しかし、麺のお弁当を開発するのはみな初めてとあって、麺とスープの量のバランスには非常に苦労されていました。お客様に喜んでいただけるものをつくりたいという思いで試行錯誤を重ね、ほぼ1年がかりで完成した新作です。

サブ対決の「駅麺対決」に初登場するのは、青森県・八戸駅の「海鮮塩らーめん 八戸磯そば弁当」と、
鹿児島県・出水駅の「鹿児島黒豚油そば弁当」、そして2週目から参加する香川県・高松駅の「讃岐産 肉うどん弁当」です。
Sio_ramen ◆「海鮮塩らーめん
八戸磯そば弁当」

(青森県 東北新幹線/八戸駅)
税込1,200円

各日800食販売予定
販売場所【C-3】

ウニやホタテなど磯の風味たっぷりのあっさりラーメンに、鯖の味噌煮のほぐしご飯を添えました。
Nagai_f01 催事売場・永井マネージャー
八戸では「磯そば」という名前でラーメンが食べられており、それを調製元の吉田屋さんが再現・アレンジして完成したのがこの駅麺です。海鮮を使ったスープも、何パターンか試作しては試食を繰り返して、ようやくたどり着いた味です。
Kusano_f02 催事担当・草野統括マネージャー
小どんぶりの「鯖の味噌煮のほぐしご飯」も付いていますから、ボリュームも満点。麺だけでは物足りないと思われるお客様にも、喜んでいただけるはずです。
Aburasoba ◆「鹿児島黒豚油そば弁当」
(鹿児島県 九州新幹線/出水駅)
税込1,200円

各日800食販売予定
販売場所【C-3】

鹿児島県産・黒豚の焼豚がのった油そばに、人気の黒豚赤ワインステーキ弁当をセットしました。
Kusano_f01 催事担当・草野統括マネージャー
調製元の松栄軒さんは、当初、とんこつベースのラーメンの開発を進めていたのですが、試作を続けた結果、黒豚の濃厚な味を活かすには、ラーメンよりも油そばのほうが相性がいいとわかって、油そばでの商品化にこぎつけました。
Nagai_f02 催事売場・永井マネージャー
黒豚赤ワインステーキ弁当で多くのファンを持つ松栄軒さんですから、黒豚の扱いは慣れたもの。焼豚の味は、ずいぶん前に完成していました。新たな挑戦の油そばと定番人気の黒豚赤ワインステーキ弁当、両方の味を楽しんでいただければと思います。
Gaina ◆「讃岐産 肉うどん弁当」
(香川県 予讃線/高松駅)
税込1,200円

各日800食販売予定
販売場所【B-5】

下段は、香川県産の牛肉・鶏肉・豚肉を一度に味わえる3種の肉うどん。上段は、うどん巻きずしや、たいらぎ貝のヒモの佃煮、しょうゆ豆など、讃岐の味をいっぱい詰め込みました。
Kusano_f02 催事担当・草野統括マネージャー
調製元の高松駅弁さんは、「あなご飯」で有名な実力派。2009年の「いかVSたこ対決」では「たこ飯」でもご登場いただいています。駅麺対決には2週目からの参加。ぜひご期待ください。
Nagai_f02 催事売場・永井マネージャー
今回の駅麺対決では、ラーメンだけではなく、うどんやそばなど和のテイストを盛り込むことも考えていました。3種類の肉うどんや、うどん巻きずしなど、讃岐うどんづくしをぜひ召し上がってください。

つるっと駅“麺”対決!

京王百貨店ホームページへ