駅弁大会への道'13

一日一弁対決!〈1日目〉 えび対決

2013年1月10日 (木)

1ben_1st_tit 1ben_1st_m

Iseebi 今大会のメイン対決となっている
「伊勢えび弁当」をいただきました!

黒い掛け紙に金文字で豪快に弁当名が!
その隣には伊勢海老が水しぶきとともに跳ね上がっています!なんとも男らしい!!
早速ふたを開けると重箱を斜めに仕切った片側に半身の伊勢海老様が!もう片側は錦糸玉子、桜でんぶ、菜の花の3色が色鮮やかなちらし寿司。
「男らしい」撤回、とっても華やかで女子にも評価高そう。

早速伊勢海老を・・・・重い!仕方なく両手でつかんで・・・身が取れない!びっちり詰まったぷりぷりの身にかぶりつく。
「ワイルドだろー」と思いながらもこの食べ方は正解かも。

鬼殻焼された伊勢海老の香りが鼻孔を刺激、甘辛しょうゆ味のぷりぷり身の触感も最高!ちらし寿司忘れて伊勢海老完食してしまいました。

でも安心、おかずは伊勢海老だけではなくカジキマグロやサツマイモなどもあります。そして、ちらし寿司に。
キレイなだけでなく酢が効いていてしっかりおいしいじゃないですかー!
房総の早春を連想させる菜の花や、鮮やかな色合いで春らしいちらし寿司はそれだけでも食べたくなる美味しさで、あっという間に完食してしまいました。

これからこのお弁当を食べる人にアドバイス。海老は手づかみした方が食べやすいのでお手拭のご用意を。
食べる前のイメージと違ってとっても華やかで春を感じられるようなお弁当でした。
みなさんも早春の房総を感じられる「伊勢えび弁当」を食べてみてください!

Dote 「どて&大えびフライ丼」を食べました!

店頭での「メイン対決」は「えび・かに対決」ですが、ネットでの一日一弁対決は「えび」同士の仁義なき戦い(!?)です。
今回の「一日一弁対決」はスペシャルブログだけではなく、Facebookでもお伝えいたします。
こちらも13日間どうぞお楽しみに!

さて、本日私が食べたのは今回初登場の「どて&大えびフライ丼」です。

高級感あふれる金ピカのパッケージを開けると、どーんと大えびフライが1本。
その回りを尾張牛の牛すじどて煮としぐれ煮が取り囲んでおり、ごはんの白い色が見えるのはほんのわずかなスペース。

大えびフライは3分割されており、ガブッといきたい気持ちも分かりますが、これならとても食べやすいですね。

駅弁の名前は「どて」が最初に来てますが、まずは大えびをいただきます。
ぷりっとした食感と風味がたまりません。

そして尾張牛の牛すじどて煮としぐれ煮はしっかり味が付いていてごはんを食べる箸がすすみます。

その他みそ煮玉子や山菜醤油漬けのつけ合わせもあり、おなかが空いた時は特にぴったりの駅弁です。
(16日(水)までの販売となりますのでお越しの際はご注意くださいね)

ここで食後のデザートにショコラノヲル北菓楼のソフトクリームでも食べたいところですが、残念ながら試食場所は事務所のためその願いはかなえられませんでした(泣)

京王スタッフが毎日食べます!一日一弁

京王百貨店ホームページへ