駅弁大会への道'13

一日一弁対決!〈12日目〉 讃岐対決

2013年1月21日 (月)

1ben_12th_tit 1ben_12th_m

Nikuudon 話題の「駅麺対決」に2週目から参戦した、
「讃岐産 肉うどん弁当」をいただきました♪

「うどん県」香川県から、ついにうどんの駅弁が登場!!うどん×駅弁のインパクトもさることながら、大きな箱にもびっくり。開けてみると、うどんと巻きずしセットの2段になっていました。
まずは、うどんの段の箱に付いているひもを引いて5~6分加熱。
うどん待ちの間に巻きずしセットを試してみることに。巻きずしをよーく見てみると、ご飯や椎茸などの具材と一緒にうどんが入っています!!食べている途中で不思議な食感がしましたが、これがうどんだったのです。さすがうどん県ですね~。
さらに香川県産の珍しい二枚貝「たいらぎ貝」のヒモ佃煮や、高松駅弁さんの駅弁ではおなじみの味と言える、香川県の郷土料理「しょうゆ豆」もあります。お酒のおつまみにもよさそうな味のセットだな~、なんて考えている間に早くも5分経過。

ほっかほかに温まったうどんを開けると、おダシのよい香り♪上には香川県産牛肉、赤どり、夢豚と、まさに肉の競演!!どのお肉もほんのり甘みのあるダシの味がよく染み込んでいてやわらかく、うどんとよく合います。麺には少し濃い目のおつゆがよく絡み、つるっと食べられて身体も温まります。
ふと掛紙を見ると「がいな」という聞きなれない言葉が。説明を見ると讃岐の方言で「すごい」「たくさん」などを意味するそう。そう、まさにお肉が「がいな」、讃岐の味が「がいな」なお弁当なのでした!

連日駅弁三昧の方、この辺りでそろそろ胃が重くなったりしていませんか!?そんな方にも嬉しいうどん駅弁。晩酌好きには、巻きずしセットで一杯やって、うどんで〆るなんて楽しみ方もいいかも!



Denbukuhugu 今日の対決は讃岐対決!うどん県の肉うどん弁当に対決を挑む
「讃岐でんぶくふぐ弁当」をいただきました。

讃岐といえばうどんですが、瀬戸内海で育った天然のナシフグ=讃岐でんぶくも名産です。
他にも郷土料理が満載のこのお弁当、讃岐の味をたくさん味わえそうです♪

箱から取り出すと目に付くのは、大きなふぐが3つ、緑色の枝豆が彩りを加えています。それに赤茶色のそら豆らしきもの。パッケージを見て納得。そら豆を醤油に漬け込んだしょうゆ豆という香川県の郷土料理でした。
しょうゆ豆が気になりつつも、メインのふぐをまず実食。しっかりした噛み応えで存分に食感を楽しめます。次にご飯をパクッと食べて、好みの味付けに思わず笑みが。輸送駅弁なのにご飯が美味い!味付けご飯や炊き込みご飯好きの自分にはたまらない美味しさです。

続いて気になるしょうゆ豆に箸が伸びます。郷土料理というだけあって、深い味わいが口に広がります。しょうゆのしっかりした味付けにそら豆独自の味も残っていて、これまで味わったことのない絶妙な味を堪能。そんな味を共感してもらいたくて、一緒に食べている人にもお裾分け。納得の顔をしていました。

もうひとつの名物えび天は柔らかめでふぐとの食感の違いを楽しめます。付合せの卵焼きもダシが良く利いていて主張十分といった感じ。
昨年夏に発売されたばかりのこの駅弁、ぜひ京王駅弁大会で味わってみてください。


京王スタッフが毎日食べます!一日一弁

京王百貨店ホームページへ