駅弁大会への道'13

一日一弁対決!〈8日目〉 ブランド牛対決その2

2013年1月17日 (木)

1ben_8th_tit 1ben_8th_m

Oumigyu 「近江牛ハッシュドビーフ風」この駅弁、見た目からするとスプーンで食べるのかと思ったら、付いてきたのはなんと箸。はて、どうやって食べるのか??

掛紙を外すと洋風きのこソースが入った容器が近江牛とごはんが入った容器の上に乗っている二階建てのパッケージでした。
さっそくしめじやマッシュルームたっぷりのソースを近江牛の上に掛けます。
自分の手でソースとお肉を合体させてハッシュドビーフを完成させるひと手間がちょっと楽しいかも。容器に付いたソースをペロっといきたい衝動は自宅じゃないのでグッと我慢。
黄色く色付けた近江米のごはんの上に乗った近江牛は意外とボリュームがあって、逆にソースはちょっと少なめな印象。さっそく箸でひと口。
ごはんと近江牛の上にソースがちょこんと乗る感じ。真ん中で薄切りの近江牛が抜群の存在感を示しつつ、ソースとごはんと合体した3層でいいバランス。
つい箸を持つ手のギアが上がって、あっという間に完食しちゃいました。

先ほどはソースが少なめかと思っていたけど、お肉とごはんが余ることなく結構ぴったりでした。箸で食べるのも全く問題なし。
ソースの量も、箸で食べるのも、駅弁として計算されてのことだったのですね。おいしくいただきました、ごちそうさまでした。



Hidagyu 新登場の「「飛騨牛しゃぶしゃぶ弁当」をいただきました。

駅弁大会の常連「飛騨牛しぐれ寿司」で知られる金亀館さんの新作、しかも加熱容器入り、そして「しゃぶしゃぶ」!!
駅弁なのに、駅弁らしからぬニュータイプに少々興奮気味で容器のひもを引っ張りました。途端に「シュー!!」と勢いのよい音と蒸気が!勢いそのままに、ほかほかと良く温まります。

折の中に敷き詰められた白ご飯の上には、半分以上が飛騨牛のしゃぶしゃぶ肉。そのほか、しいたけ、さつまいも、ふき、かまぼこ、と彩りよくならんでいます。
さて、うすくスライスされたしゃぶしゃぶ肉を、まずはそのまま。さすがひだ牛、やわらかくて甘みがあります。次にポン酢ダレにしゃぶしゃぶとつけて一口… うーん、美味!!ごはん、しゃぶしゃぶ、ごはん、しゃぶしゃぶ…が止まりません。
一息ついたところで、サツマイモのレモン煮がとてもうれしい。さわやかな酸味とお芋のほっくりとした甘さで満足感たっぷりに締めくくれました。


京王スタッフが毎日食べます!一日一弁

京王百貨店ホームページへ