2007年1月11日 (木)

どこにもないカツ丼が、やって来ました!

Nakajima2_1

皆様、初めまして!「煮込みソースかつ弁当」で大会に初参加する、会津「なかじま」の中島重浩です。

今回は「煮込みソースかつ弁当」とは一体全体どんなものなのか、どのようにして作られるのか、私の方からご紹介したいと思います!

そもそも会津でいう「カツ丼」とは昔から「ソースカツ丼」のことで、一般的には、ご飯の上に、千切りキャベツと、ソースをからめたトンカツがのったもののこと。

Hirazarakatu ただし、私たちの作る「カツ丼」は、それともちがう、まったくのオリジナルで、おそらく日本中探しても他にないでしょう。

この「煮込みソースかつ丼」を考案したのは、先代である私の父。
当時の「なかじま」は洋食屋でしたので、コックをしていた父が、会津のカツ丼を洋風にアレンジしようと思いついたのです。ソースをベースにしながら、スープを加えたり、酸味や甘みを出すためさまざまなスパイスや調味料を試して作り上げたそうです。
当時にしては、高価な値段だったにも関わらず、評判が良く、それ以来当店の看板メニューとなりました。
今では、噂を聞きつけた方が県外からもいらっしゃるほどで、大変ありがたく思っています。

地元の方から県外の方まで「煮込みソースかつ丼」を求めていらっしゃる、現在の「なかじま」です。
Misegaikan

さて、その「煮込みソースかつ丼」をどのように作るのかといいますと・・・

まずはソース作りから。秘伝のソースに、別にとったスープを加え、さらに野菜などで味を調えます。
それをじっくりと煮込み、冷ましてから2日ほど寝かせると、ようやく出来上がりです。

豚肉は、栄養豊富でおいしい、福島県産の限定銘柄豚「健育美味豚」を使用。ラードでカラッと揚げていきます。
Cookyoko

手間をかけて作られたソースに、玉ネギを敷き、その上にカツをのせます。
香ばしい風味を出すため、じっくり時間をかけて煮込み、最後に卵でとじれば完成です!
Cyouricyuu




煮込みソースかつ弁当(福島県 会津鉄道/会津田島駅)
税込1,000円

Fukushimakatu

見た目は、ソースの色が濃いので、味も濃いのかな?と思われるかもしれませんが、実際は意外にあっさりとしていて、ご飯が進む絶妙な味付けになっています!

私たちは、今回が駅弁大会初挑戦。厨房も勝手が違いますし、大変な量を作りますので、カツをパン粉で仕込むのだけで大変だと思います。

調理長の荒明(あらあけ)も、初めての経験に、気合いが入っています。
Cook

スタッフ一同「会津の代表」という気持ちで精一杯がんばりますので、応援お願いいたします!

5.ソースカツ丼奮闘記

2006年12月26日 (火)

地方グルメのよくばりカツ丼が登場!

Kakoimigiegao こんにちは!バイヤーの栫(かこい)です。

突然ですが皆さん、「カツ丼」と聞いて思い浮かべるのは、卵でとじた甘辛味の「卵とじカツ丼」ですか?それとも、ご飯に並べたとんカツにソースをかけた「ソースカツ丼」ですか?
「カツ丼」は、地方によって食べ方が異なりますよね。


今回の駅弁大会「頑張れ!ローカル線」企画には、2つのおいしさを兼ね備えた、よくばりな「煮込みソースカツ丼」が登場します!
2005年の北海道 日高本線/静内駅の「日高つぶめし弁当」に続く、第2弾ローカル線駅弁を探していたところ、会津鉄道沿線の名物「ソースカツ丼」はどうか?という話が出たんです。
これはおもしろそうだなと思い、さっそく現地へ行ってきました。



Densyasyoumen
会津鉄道は、西若松~会津高原間57.4kmを結ぶ、1両のみのワンマン電車です。










Noguchisanyoko_1
地元出身の世界的医学者、野口英世が車体に描かれた「会津鉄道」の車両。











Hatake
車窓からは、左右を山に囲まれた、のどかな田園風景がどこまでも続きます。











Eki
今回参加する駅弁の地元、会津田島駅。会津鉄道の中間地点にあたる大きな駅です。









Kanban
お弁当作りをお願いする、煮込みソースカツ丼の元祖「なかじま」さんの店頭。地元で人気の食堂であると同時に「伝統会津ソースカツ丼の会」の事務局長さんもやってらっしゃいます。








そして、こちらがお店の看板メニュー「煮込みソースカツ丼」です!
Katudon



私はてっきり、ご飯の上にとんカツとキャベツがのった、いわゆる「ソースカツ丼」を想像していたので、まず見た目に驚きました!
卵でとじた東京の「カツ丼」と一緒じゃないか?
ところが、あの甘辛のしょうゆ味を想像して食べてみると、まったくちがうもので、またびっくり!

お弁当の味や作り方については、次回「なかじま」さんからお話しいただきますので、お楽しみに!

さて、いざ駅弁大会に出品するにあたり、ご主人からは「ご飯とカツを分けて、お弁当風に作り変えましょう」と提案いただいたのですが、私は、地元と同じ食べ方をお客様に体験していただきたいと思い、普段の丼のまま作っていただくようお願いしました。

「なかじま」さんは、駅弁大会は今回が初参加。会場での調理は、普段と勝手が違うので、私たちスタッフも、必要な道具の手配や、調理する方のケアなど、できる限りサポートしていきます。
スタッフ一丸となって、お客様をお迎えしたいと思いますので、ぜひ皆さん、会津の「煮込みソースカツ丼」を会場にてご体験ください!

5.ソースカツ丼奮闘記