2007年1月 9日 (火)

懐かしい船旅を、想い出してください。

こんにちは!この度「復刻駅弁」企画で大会に参加する、函館「みかど」の田中と申します。

皆さんは、「青函連絡船」というと、どんなイメージがありますか?
演歌に出てくるようなちょっと寂しいイメージでしょうか?若い方だと、ご存知ない方もいるかもしれませんね。

青函トンネルができる前は、北海道から本州へ渡る手段は、連絡船か飛行機しかなかったので、私は高校を出て、連絡船が廃船になるまで、本州へ行く際にはよく利用していました。

現在も残っている、函館駅近くの「函館桟橋」です。
Masyu2
連絡船として運行していた「摩周丸」が係留されていて、中は青函連絡船記念館になっています。

こちらは、2004年に新駅舎になった函館駅。「みかど」の駅弁も、数多く販売しています。
Hakoeki001_1

青函連絡船の旅は、本州まで4時間ほどかけた船旅なので、出発前に桟橋でお弁当を買って乗り込みます。 私もそうでしたが、みんなどことなくワクワクして楽しそうでした。
まさか自分が、その弁当の作り手になるとは思っていなかったので、これも不思議な縁ですねえ。
船が出航する時には、ドラの音が響いてテープが舞い、新しい旅立ちに胸躍らせる乗客と、見送り客の歓声が行き交う・・・そんな船着場ならではの独特の雰囲気が大好きでした。

今回お作りするのは、船旅の楽しみのひとつとして、道内から旅行へ出かける方々に愛された「想い出の駅弁」です。
当時の光景を思い浮かべながら、楽しんでお召し上がりいただけるとうれしいです。



とはいっても、最初に「青函連絡船の函館桟橋で販売していたお弁当を、当時のまま再現してほしい」というお話をいただいたときは、果たしてできるのだろうか?と、正直悩みました。
過去のお弁当の資料も保管されておらず、とにかく手探りの状態からのスタートでした。

社内の資料をあれこれひっくり返してみたところ、まず古びたパンフレットを見つけ、その中で、函館桟橋で販売していたお弁当を探し、ようやく掛け紙に連絡船が描かれた「紅鮭弁当」を発見したのです!

素材の味を生かした、素朴なおいしさをお楽しみいただける「紅鮭弁当」。
Shake_2
北海道といえども、紅鮭は当時、高級品だったようです。
青函連絡船が運航していた頃の、時代の匂いを感じる情緒豊かなお弁当です。

もう1つ復刻する「つぶ貝弁当」は、昭和11年の創業後、まもなく販売を始めたという話で、今も形を変えて販売していますが、、こちらも当時の形で復刻しよう!ということになりました。

日高産の歯ごたえのあるつぶ貝を使った「つぶ貝弁当」。
Tsubugai_2
こちらは「こんな食材があるんだ!」と、興味を持っていただけたらうれしいですね。
当時は、函館近郊でも獲ることができ、串刺しにして屋台などで売られていました。つぶ貝は、漁師さんのお酒のつまみで、庶民の味としてこの辺りで親しまれています。

お弁当が決まったのは良いですが、いざ作ろうにも、レシピが残っていません・・・。
そこで、当時これらのお弁当を作っていた人がいないか、声をかけて回りました。
すると、定年になり、現在もお手伝いで来ていただいている方が、当時も弁当を作っていたとのこと。
「作り方は、体で覚えている」という、頼もしい言葉をもらい、何とか当時の味を再現することに成功しました!
今残っている「つぶ貝弁当」も、当時は若干味付けがちがったそうで、本当に味覚と腕の記憶で再現したお弁当です。

さて次の問題は、掛け紙ですが、長年お付き合いしている印刷屋さんにダメもとで聞いてみたところ、偶然にも当時の製版フィルムが残っているということで、こちらも実現できました。
偶然が重なってここまで辿り着きましたが、いやはやこれでひと安心です。



Hosizawa001




現地で調理する星澤調理長。



私たちもこうした機会をもらって、貴重な体験ができました。
会場で、皆さんに喜んでいただけるのを楽しみにしています!

4.駅弁復刻への道

2006年12月22日 (金)

懐かしの北海の味と、あの有名駅弁が復刻!

Kakoifront こんにちは!京王百貨店 食品部バイヤーの栫(かこい)です。

「復刻駅弁」は、廃線となった路線の駅弁、現在は作られていない駅弁をこの世に甦らせるというもので、
京王の駅弁大会の中でも、お客様からご好評をいただき、私たちとしてもやりがいのある企画です。
これまで、北海道の上興部(かみおこっぺ)や、旧樺太の駅弁などを復刻させてきましたが、
今回、復刻させるのは・・・
1988年に幕を閉じた、青函連絡船の函館桟橋と、函館駅にて販売されていた、懐かしの北国の味2種類!

紅鮭弁当(税込600円)

Shake_1

つぶ貝弁当(税込700円)

Tsubugai_3

前回の駅弁大会後に行った企画会議で、70年代に函館の船や電車で食べた北国の味を懐かしむ声があることを聞き、その味や場所の情報をもとに調べてみたところ、それらの駅弁は、函館の老舗「みかど」さんの製造であることが判明!
さっそく連絡して、当時のレシピを知っている方を探していただきました!
さらに、お弁当の掛け紙も残っていたものから復刻し、容器も当時の写真を参考に再現しました。

「紅鮭弁当」と「つぶ貝弁当」、どちらも北海道ならではの素材の味を生かした、素朴なお弁当です。
当時の食料事情を垣間見ることができ、あの時代の懐かしい気分に浸っていただける思います。
紅鮭とつぶ貝という北国の味を満喫できるうえに、価格もできるだけ当時のものに近づけました。
どうぞ、ご期待ください!



さて、実は今回、もうひとつ復刻する駅弁があるんです。それは・・・
崎陽軒の「シウマイ弁当」(税込710円)!!

Siumai_4

ご存知、横浜駅「崎陽軒」の看板弁当として永く親しまれている「シウマイ弁当」を、1954年の発売当時の内容、掛け紙で再現します!
ブリ、エビフライなど、当時のメニューをそのままに、京王の駅弁大会のためにご用意いただいた貴重なお弁当です。
こちらは、特設ブースでの輸送販売となります。
数量限定販売となり、会場は混雑が予想されますので、余裕を持ってご来場ください。
(※輸送の都合上、商品の到着が遅れることがありますので、ご了承ください)

4.駅弁復刻への道